【重要】「全国での緊急事態宣言解除」への対応について

学生 並びに 保護者・ご家族の皆様令和2年5月26日
新潟柔整専門学校
学校長 坂井 貞夫

【重要】「全国での緊急事態宣言解除」への対応について

 新潟県で5月14日に解除された緊急事態宣言が全国で解除されることになりました。
 これまで、本学関係者に感染者、発症者、死亡者が発生しなかったことは、皆様の誠意ある感染予防へ尽力に拠るものであり、教職員一同、大変感謝しております。
 しかしながら、国内において未だ感染者ゼロは達成されておらず、諸外国の状況を観ると自粛解除後に再度感染拡大を起こす傾向もあります。
 本校では全国への緊急宣言解除より約1ケ月程度を「慎重に自分や、家族、友人、知人を守り、慎重に前へ進む期間」と位置づけ、以下の施策を継続、実施し安全を確保しながら学生や教職員の通常生活への復帰を計って参ります。
 皆様よりの引き続きのご協力とご理解をよろしくお願い致します。

1. 学生・教職員の感染予防について

  • 引き続き3密を避ける行動、手洗い・マスク・うがいの慣行を実施して下さい
  • 多人数が集まる場所、感染予防策が行われていない場所には近づかないで下さい
  • 登校時は、体温表の記入、入校時の手指消毒、マスク装着の義務を継続します
  • 部活動、ボランティア、就職活動は6月末まで禁止です

2.遠隔授業の継続、通常授業(登校)への移行について

  • 既に実施している遠隔授業については、6月7日まで継続します
  • 6月8日以降は通常授業と遠隔授業が混在する事になる予定です
    (以降の予定は5月29日に通知予定です)

※通常授業の開始は、科目ごとに授業内容や修了に必要な時間数、教授する教員の在住地や教員が使用する交通機関の状況・経路等を考慮して慎重に決定します

3.県外地域との往来や多人数が参加するイベント等について

本学では、緊急宣言解除より約1ケ月程度は「慎重に自らを守り、家族、友人、知人を慎重に守る」期間として県外地域との往来や多人数が参加するイベント等への参加を自粛すべきであると考えます
 なお、6月中も2週間以内に県外地域への往来を行った学生の登校は禁止します(欠席とされます・臨床実習実施時には単位保留となります)

以上