【重要】「全国での県外往来自粛の解除」への対応について

令和2年6月18日
新潟柔整専門学校
学校長 坂井 貞夫

【重要】「全国での県外往来自粛の解除」への対応について

 

 新潟県を含む全国で6月19日より県外への往来自粛が解除されます。
 県外往来が自由になる事は経済活動の活性化という意味では望ましい判断ですが、見方を変えると「どう予防し、感染リスクをどう下げるのか」といった判断を本格的に我々個人が任される時期が到来したとも言えます。
 現在、新型コロナウイルス感染症については以下の様な懸念事項があります。 

 ・ 新潟県とつながる東京都を中心とした関東圏や北海道では5月25日の緊急事態宣言解除から約2週間を経過した今、感染者数が増加しています
 ※緩和後の再流行が起こっています
 ・ 他の都道府県では、少人数の集会でも感染やクラスターが発生しています
 ※感染確率が減少しているとは言えない
 ・ 近日発表された抗体保有率からの推測でも、感染確認者の累積数が多い都府県の保菌率が圧倒的に高いと推察されています
 ※感染確認者がこれまで多い地域は引き続き保菌者の率が高い
 ・ 新潟県より感染リスクの高い県外往来では目的以外の行動は行わないつもりでいても、つい買い物、飲食、観光等を行ったり、意思に反して過密な状況に置かれてしまったりする可能性があります
 ※帰県後には、自身が知らぬ間に負った感染リスクを家族や知人、友人、他の学生、、教職員などにコピーして渡すことになります

以上を踏まえ、本学では6月中も「慎重に自らを守り、家族、友人、知人を慎重に守る」期間として以下の新型コロナウイルス感染予防施策を継続します。
皆様のご協力をお願いします。

<新型コロナウイルス感染予防施策>

1. 学生・教職員の感染予防について

 ・ 引き続き3密を避ける行動、手洗い・マスク・うがいの慣行を実施して下さい
 ・ 多人数が集まる場所、感染予防策が行われていない場所には近づかないで下さい
 ・ 登校時は、体温表の記入、入校時の手指消毒、マスク装着の義務を継続します
 ・ 外出時は特に3密とならない様周囲に気をつけて行動して下さい
 ・ 部活動、ボランティア、就職活動は6月末まで禁止です
※就職相談は予約制で応じています

2.遠隔授業の継続、通常授業(登校)への移行について

 ・ 6、7月は通常授業と遠隔授業を混在して行います
※学校からの通知を確認して下さい

3.県外地域との往来や多人数が参加するイベント等について

 ・ 多人数が参加するイベントやコンサート、飲食、会議、研修会、セミナー、集会等への参加は引き続き自粛して下さい
 ・ 不要不急の他県との往来は自粛して下さい
 
 ※6月中は不要不急の理由で2週間以内に県外地域への往来を行った学生の登校は禁止します
(欠席とされます・臨床実習実施時には単位保留となります)
 ※現状での不要不急の解釈は、必要至急である人命や最低限の生活に関わる事以外の事とされています。一親等もしくは直接の兄弟姉妹以外の冠婚葬祭、遊興(旅行・観光・スポーツ・買い物・飲食・コンサート(ライブ)・接待など)、代替手段がある事、事情を知らない他人のほとんどが必要至急と思わない事、などは不要不急とされます。

以上