荻野 優

接骨院勤務 荻野 優 先生

2019年 卒業

ケガを乗り越えた経験から柔道整復師を目指す

学生時代、サッカーで頻繁にケガをしていた時に、柔道整復師の先生に心身共に寄り添ってもらい、救われた経験があります。
私もケガに悩む人を助けたいと思い、この道を選びました。
今は接骨院で主に捻挫、打撲、骨折、脱臼などのケガを治療しています。
骨や関節、筋肉のトラブルが回復するまでに時には何日もかかる場合もあります。
難しい症状が改善した時は達成感とやりがいを感じますし、患者さまからの感謝の言葉は何よりの励みです。
また頑張ろうという思いが込み上げます。